文明の利器 着火剤を使わない火起こし&BBQ サバイバル術

せっかくのアウトドア 不便も含めて満喫したい

「着火剤なんて邪道でしょ?!」

とうそぶくアナタ。

キャンプにしたって、バーベキューにしたって、今は便利なグッズは山ほど出ているので、楽をしようと思えばいくらでも出来ます。

でもせっかくのアウトドアなんだから、ご飯くらいは自分の力でやり切りたい・・。

ただその気持ちはあっても、経験が不十分でちょっぴり不安。。。

そんな方の為に、野外BBQの火起こし術についてまとめてみましたので、楽しんで実行に移してみましょう。


【必要な道具類】
2017y03m03d_114229825.png
・ナタ
・のこぎり
・軍手(皮手袋でもOK)
・古新聞など

半サバイバルなので、これ以上必要なモノはありません。
しいて言えば、枝集めの際、それを入れる土のう袋のようなモノがあってもいいかも知れません。



アンチ着火剤のための火おこしの手順

wood-1083407_640.jpg

1.材料の現地調達
着火剤がなくても火が付きやすい枯葉や小枝の収集


2.セッティング
下から新聞紙、枯れ葉や小枝、大き目の枝、を立体的に組み上げる
※空気(酸素)が入り込む様に隙間を開けつつ、立ち上る火の形を意識すること


3.点火
マッチやライター、なかでも柄のついたモノがおすすめ
火を付けたら、消えてしまわない様、ゆっくりと息を吹きかけて燃え広げていきましょう


4.火の勢いを殺さぬ様、薪をくべていく
火が強くなってきたら、ついに薪の投入です。
これも空気のすき間を意識しながら、縦に長く立てかける様にくべる事で、火付きが良くなります


5.薪にまで着火し、安定した事を確認の上、炭を投入
全体的に火が回ったら、最後に炭を入れていきます
重なり過ぎないように注意

6.炭全体に熱が回り、火が落ち着いたら、調理の準備が完了
投入した炭に火が付き、火柱が消えてコロコロとおき火になれば完成です
※目安は炭の外側が白っぽく灰に包まれている状態


サバイバルヒント
pine-cones-1301516_640.jpg

それでも火が付きにくい時は、
・松の枯れ枝
・松ぼっくり
などは松ヤニや油を含んでいるので、燃えやすいですよ。


151102T-01.jpg

また牛乳パックの内側コーティングの蝋も便利なので、覚えておきましょう。